エレクトリカルパレード・ドリームライツ~クリスマス版

13日に撮影したエレパレです。

Canon EOS 6D + EF 135mm F2L USM 
ISO:8000 F2.0 1/500
ピクチャースタイルを撮影時より「紅葉」に変更。
画像



Canon EOS 6D + EF 135mm F2L USM 
ISO:8000 F2.0 1/500
ピクチャースタイルを撮影時より「紅葉」に変更。
画像


Canon EOS 6D + EF 135mm F2L USM 
ISO:8000 F2.0 1/800
ピクチャースタイルを撮影時より「ポートレート」に変更。
画像



前回の結果を踏まえてISOかシャッタースピードを被写体によって変更しながら撮影してみました。

ISOを前回の6400→8000に上げてミッキーとミニーを撮ってみると…。
ミッキーは計算通り明るさが足りる結果に。
でもミニーはやっぱりまだ暗い。
ISOを8000にしたつけでノイズもやはり目立つようになったし。
でもシャッタースピードを落とすと被写体ブレが絶対起きるので(このシャッタースピードでも被写体ブレが起きるのは大前提)、更なるノイズ低減されたセンサ搭載のカメラが出るのを待つしかないかも。
フラッシュはミニーに使っても明るさが足されないのが分かってるから、選択肢には入れません。
連写派の人はフラッシュ使うと連写できないですよ~。

この時のミニーは投げチューしてくれました。
タイミング外してしまって全てのモーションは撮れなかったけど。

アラジンとジャスミンはミッキー達と同じ数値だと明るすぎるのでシャッタースピードを上げました。
それでもまだ明るすぎる印象。

プリンスチャーミングやブーはもっと明るく撮れます。
なので、ブーにいたっては1/2000まで高速化しました。
ミニーに合わせると大半のキャラは明るく撮れるので、設定が難しい。
ミニーに近い数値で良いかもしれないのはスティッチとリロだけかも。

通常バージョンでこれからは実験的撮影をしていくことになると思います。


おまけ

Nikon Df + AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
ISO:8000 F1.8 1/500
画像


ミニーの頭飾りのトップってこうなってたのに気付いてませんでした。
たいてい顔を上げてる時しか撮ってなかったですからねぇ。
相方が偶然撮影したから分かりました。
あおり角度で撮ると、こういう部分が隠れてて見えないことが多いですね。
思いきり離れて超望遠で撮ればあおらなくて済むけど、夜間のショーは光を少しでも多く集めて低感度で撮りたいから困ったものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック