CP+ ニコン

画像

2月末に横浜で開催された『CP+』に今年も行ってきました。

メーカーブースがたくさんあるので、私自身が使ってるカメラメーカーとメディアメーカーのみに絞って回りました。

会場に入って、入口近くのOLYMPUSにちょっと寄って(ちゃんと見て回ったのは最後の方で)からニコンに向かいました。

今年のニコンの目玉はフラグシップ機のD5とD500。
実機に触れることができるので第一の目標メーカーにしたのです。

「モデル撮影の所でも触れて、そちらならすぐに案内できますよ」とスタッフが言うので、奥の方に設置されたモデル撮影エリアに向かいかけましたが、スペックを聞きたいスタッフはいない!!
ので、30分くらいは待つと言われたニコンのスタッフ付きの体験列に並びなおしました。
モデルのねーちゃんじゃ聞きたいこと教えてくれる訳ないですから。

列の3組くらい前に男女の一組がいました。
なんとなく、TDRのリピーターっぽいなぁ、って雰囲気。
女性の荷物にTDRグッズが幾つか付いてたし(私も相方もディズニー柄のバッグを使ってましたが。中身はカメラ機材)。
で、男性だけがカメラを弄ってたので、男性に撮影を全て任せるタイプの方だな、と。

そのうち私達の番になりました。
D5とD500をどちらも合わせて5分程の間なら触れました。
同時に10組は触れたでしょうか。
体験コーナーは四角く造られており、D5&D500で2面、残り2面でコンデジ等を体験してるようでした。

D5とD500はどちらかだけをスタッフの人が棚の下から出してきて、基本的には同時に触ることはできないように。
どちらも最初から広角ズームレンズが着いてましたが、D500をオーダーすると同時に「300mmf4(新型)を使いたい」と宣言。
スタッフの後方に交換レンズが並んでたので当然の注文だったのですが、望遠300mmだったからか、面食らったようでした。
広角じゃやりたいテストできないんだもん。

テストは高感度に跳ね上げて、パシフィコ横浜の天井付近の暗い所を撮ってノイズの出方を見る!!
D5はリオ五輪合わせのプロ用カメラでしたので、これまでのよりノイズのざらつきは超高感度域に入らないと、ノイズを見慣れてない人には分からない程度に抑えられてました。
ISO10万超えで、5年くらい前の一眼レフのISO800くらいですかね。

他にも焦点を1点に絞った状態で、縦撮りした時に目の位置合わせに使いたい一番端固定で撮ってみたり。
D500でも同じことを試しましたが、銀座、新宿のニコンショールームで試した時と同じくD5の方が精度が悪い。
スタッフに聞いたら
「試作機なので、製品版では改良されてるかもしれません」
おいっ!!
指摘されるまで気付いてなかったんかい!!
まぁね、うちらみたいにAF-Cなんか使わないでAF-Sでシャッターボタン半押しを頻繁に繰り返して被写体を捕捉してるユーザーでなきゃ気付かないことなんでしょうけど。
AF-Cの精度が信じらんない私としては、ピントの山を読めずに撮影失敗しても自己責任で諦めればいい話なんで。
AF-Cを過信して撮影者自身の判断ミスもカメラの責任と擦り付けたくないですから(連写しないのも同じ理由)。

『ファンタズミック!!』の最中、暗闇の中を静かにシャンデリアを曳航するサーペントクラフトを撮影した画像(3枚目)を見せて、
「D750で撮ったんですが、この暗さでも被写体を捕捉できますか?」
と聞いたら
「D750でできるならD5ではもっと性能が上がってるので大丈夫です」
「これ、30回以上挑戦してやっと撮れたのですけど?」
「……」
スタッフの方、返答に詰まる。

やっぱり数回では無理そうなのね。
スタッフの方は一所懸命に、従来品よりEVのスペックが上がったとフォローしてましたが、期待はしないでおきましょう。

1月頭にD5の3月末発売予定の告知がなされ、2月中旬に家電量販店で「4月」と書き直されていたのを見ました。
CP+終了後に正式に「3月26日」とニコンから告知(D500は4月以降)。
なのに、ディズニーのダンサー画像をアップしてるあるブロガーの男性は2月頭の段階で撮影使用カメラが「D5」となっており、まだ発売されてないこの3月中旬でも「D5」のまま。
一部プロがテストデータの協力で昨年中から撮影の為に所持してるのは理解できますが、どう見てもアマチュアカメラマンがそれまで使ってたD4とかを発売前に手離してD5で撮影してるとは思えないんですが…。
「俺はD5を買える財力があるぞ!!」っていうアピールなんでしょうか?
単なる間抜けにしか見えないんですけどね。
結局、この冬のイベントのダンサーさんをどのカメラで撮ったのか謎なままです。
フラグシップ機のスペックのおかげで撮影してるレベルなんだろうから、ほんとは手離してないんでしょうねぇ。

D5は70万円以上の値段設定なので、この納得のいかない部分がある限り買わないで終わるでしょう。
D5S(仮)が発売される頃にDf改(仮)がD5のスペックを引き継いで発売されると予想してるので、余計に今は要らないですね。
D500は安定供給されるようになってから考えます。
また半年くらい安定供給されなさそうだけど、安定供給される頃には品薄時より安く買えそうですし。

画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック